【家庭菜園】大根1〜3週間のようす、間引き、追肥、土寄せ(2019)

4月上旬に種まきをした大根の
その後の成長の様子と、
間引き、追肥、土寄せ作業をまとめました。

1週目

種まき後、1週間で発芽していました。
1穴に2粒の種をまきましたが、
まだ芽が出ていない種もあります。

2週目

双葉が開き、本葉が出はじめています。
4粒以上の種をまいた場合は、
ここで2〜3本程度に間引きます。
株が倒れないように、土寄せしておくと良いです。

3週間目

本葉が4枚程度になったら、
元気な株を残して間引きします。

間引きの後は、株と株の間に追肥して、
株元に土寄せします。
追肥と土寄せは、今後2週間に1回のペースで行います。

大根は、このくらいの段階で
真っ直ぐに地中に伸びています。
石などがあると大根が二叉になる理由がわかります。

間引きした大根は、葉も一緒に味噌汁に加えて食べました。

見てにゃ!まいちーも足が長いにゃ

大根足にならないように気をつけてください。

 

2 Replies to “【家庭菜園】大根1〜3週間のようす、間引き、追肥、土寄せ(2019)”

  1. こんにちは。
    大根は種から始めるのですね。
    間引きしたちびっこもしっかり美味しく頂けちゃうのですね。
    収穫は何月ごろですか?
    太くてみずみずしい大根できますように。
    まいちーのおみ足、素敵だわ~

    1. こんにちは。
      大根の種は本当に小さいもので、
      これが大きくなるなんて生命の力を感じます。
      しかも、7月ごろには収穫できるほど
      成長が早いのにもびっくりします。

コメントは受け付けていません。