【家庭菜園】ピーマンの植えつけ(2019)

ピーマンは、25℃以上で生育しますので、
東京では5月の連休ごろに植えるのが最適です。
害虫の被害も少なく、簡単に大量に育てることができます。

1週間前に土づくりをし、畝を立て、
マルチを張ったあと、植え穴を開けます。
株の大きさは、高さ60cm〜80cm、幅60cmくらいになりますので、
植え穴の間隔は、通気性も考慮し45cmほどとります。


植え穴を苗のポリポットの深さに掘り、
じょうろで水を注ぎます。

水が引いたら、
根付くように苗の根元をしっかりと押さえて、
苗を植え付けます。


苗が倒れないように、支柱を立て、
麻ひもで支柱に誘引します。

今年も2本植えました。
1本から長期にわたり実がなりますので、大量に収穫できる野菜です。
今年は、少し気温が低いので、例年どおり育つか
ちょっと心配です。

 

2 Replies to “【家庭菜園】ピーマンの植えつけ(2019)”

  1. はじめまして!
    本格的に畑作りなさってるんですね!
    たくさん収穫できそうですね。
    私は今日ベランダでトマト植えました~
    ゴーヤもやりたいのですが、まだ早いのかな~?
    これからもブログ楽しみにしています。

    1. ビーンままさま、はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      自分で作った野菜は何でもおいしく感じますよ!
      おいしいトマトができるといいですね。
      成長の様子を更新していきますので、よかったらまた見てくださいね。

コメントは受け付けていません。